製品案内

オンラインTOC 計 B7000(高稼働率,耐SS,塩分)

製品概要

工場の排水処理プロセスを正しく制御するために、工場内の複数ポイントで正確に排水を測定したい方にはBiotector TOC測定装置。

環境省の定める排水の総量規制では、化学的酸素要求量の(COD)の総量規制ではあらかじめCOD計、TOC計、TOD計、UV計のように有機性物質による水質の汚染状態を自動的に計測できる機器水質自動計測器による計測値と指定計測法による計測値との関係から求めた換算式を用いて測定することとなっています。その中でも、リアルタイム監視という点ではTOC計は最も有効な測定器です。
バイオテクタ―は高い塩濃度やカルシウムを大量に含んだ海水や浄水などの環境にも対応した工場排水用TOC計です。これまで測定が難しかった塩分、パーティクル、油分を含むサンプルのTOC測定に対応できます。最大20,000ppmまでの高濃度、最大6ラインを同時に測定可能。また、排水管理の項目としてCODとTOCの相関をとることにより、今まで数時間の反応時間必要としていたものがわずか7分に短縮できます。排水の上流から最終排水まで適したオプションをそろえています。

粒径2mmまでの懸濁物に対してもフィルターなしで測定が可能です。この結果、従来の燃焼式では懸濁物有機炭素(POC)を過小評価し、溶存有機炭素(DOC)の値に大きく依存するという問題点を解決できます。(正確な全有機炭素TOCは 懸濁物有機炭素(POC)と溶存有機炭素(DOC)の総和が必要です。フィルターで濾した物質にはPOCが含まれます。)。

二段階湿式酸化方式により、燃焼式にはない堅牢さと信頼性を誇ります。

動作原理の紹介ビデオ

– 正確で完全な水質で処理と再利用の意思決定を改善します。
– 正確なC:N:P比で重要な処理施設を保護しながら、栄養剤投与のコストを削減します。
– TOC、TN、TPパラメータをモニターするための堅牢で工業的に設計されたオンラインアナライザーを使用することで、プラントの管理時間を増やし、データ収集時間を短縮できます。
– 製品の損失を迅速に検出して貴重な製品を節約し、廃水処理プラントへの過剰な汚染放出を防止することでコンプライアンス違反のリスクを最小限に抑えることができます。
HachのTOC分析装置は、各プロセスサンプルを完全に分解し、信頼性の高い結果を提供します。

廃水処理プロセスの改善
最も困難なサンプルの全有機炭素(汚染)、全窒素、全リンを直接分析し、水質の変化を把握します。

環境負荷の低減
入ってくるサンプルの組成に関する包括的な情報を得ることで、プロセス管理を改善することができます。TOC + TNとTPを知ることで、ユーティリティーの使用量と関連コストを削減することができます。プロセスを最適化することで、排水の環境への影響を低減し、罰金や評判の低下のリスクを最小限に抑えることができます。

TOCは、水質のための迅速で信頼性の高い水質分析指標として一般的に使用されています。TOCレベルは、化学的酸素要求量(COD)や生物化学的酸素要求量(BOD)のような遅れている水質指標と相関していることがよくあります。

優れた信頼性
99.86%のアップタイムを保証することで、重要なプロセス情報を必要なときに利用できます。ほとんどのアプリケーションでは、年に2回のメンテナンスが行われます。内径3.2mmのサンプルチューブとチューブポンプを採用している。このチューブを利用することで目詰まりが起きにくい構造になっており、二段湿式酸化方式との組み合わせでダウンタイムが少なく、年間の稼働率が99%以上となり、

測定方式の比較

BioTector TOC計:B7000i
二段階湿式酸化方式
燃焼式 湿式+UV酸化方式
カルシウムや塩の影響 塩化物(最大30%)
カルシウム(最大12%)
まで対応可能
燃料炉に結晶が蓄積し頻繁な除去作業や故障の原因となる 測定値に影響を与える為、一定レベルまで希釈が必要
サンプルラインでのバクテリアや藻の発生 セルフクリーニング機能で測定時に毎回洗浄が行われる サンプルチューブを詰まらせ、頻繁な洗浄やチューブの交換が必要
サンプル経路の洗浄 内径3.2mmのサンプルチューブとセルフクリーニング機能により通常は分解清掃が不要 細いサンプルチューブ(例:0.2mm~0.5mm)を使用し、微量注入器やマイクロ・スライダーバルブの保護の為、フィルターの設置と定期的な洗浄が必要
油脂やグリス 粘度の高い油脂類が混入してもセルフクリーニングで除去 定期的に測定を停止し、分解洗浄とメンテナンスが必要
測定値のドリフト 5%以下/年
通常の校正周期は6ヶ月間
燃焼炉への結晶の蓄積や、IRベンチの汚れにより、2~3日毎の校正が必要 不完全酸化物の付着やUV光源劣化等により、2~3日毎の校正が必要
自動セルフクリーニング機能 サンプル経路とリアクターを計測毎に自動洗浄 分解内部洗浄を行う際には、その度に1時間程度は測定を停止しなければならない

仕様

二段階湿式酸化方式
塩化物やカルシウムを含むTOC測定に対応
希釈処理不要のチューブ
全てのモデルで内径3.2mmのサンプルチューブとチューブポンプを採用している。このチューブを利用することで目詰まりが起きにくい構造になっており、排水サンプル中の直径2mmまでの粒子は希釈不要で取り込むことができる
測定サンプル
塩濃度30%、カルシウム濃度12%まで測定対応
ラインナップ
1 mg/L未満から1,000 mg/LまでのTOC測定ができるスタンダードモデルB3500
最大20,000 mg/Lのレンジに対応して同時6流路までの幅広いTOC測定ができるB7000i
1台でTOC測定と全窒素(TN)と全リン(TP)も同時測定ができるB7000TNTP
セルフクリーニング機能 
TOC測定毎にチューブ内部を洗浄するセルフクリーニング機能、粘度の高い油脂類、バクテリア類、塩類でさえも常に洗浄殺菌され、キャリーオーバーを防ぐ
年間稼働率99%以上を実現
6か月毎の定期点検作業のみ計画的に実施

カタログ・資料

化学・有機溶媒
ポータブル型溶存酸素計(DO計)3650シリーズ(本質安全防爆仕様あり)
本質安全防爆仕様溶存酸素計(DO計)3660EX
オンラインTOC 計 B7000(高稼働率,耐SS,塩分)
一覧を見る
排水管理
非接触型面速式流量計 Flo Dar 流量・流速センサー
溶存オゾン計 (DO3計)
一覧を見る
発電所・発電ボイラ水質
マルチガスアナライザー510シリーズ(液相・気相両用)
熱伝導度検出方式(TCD式)水素計 – マルチガスアナライザー510シリーズ
ポリメトロンNA9600sc ナトリウム
ポリメトロンシリカ計モデル9610SC
一覧を見る
エレクトロニクス
シングルガスアナライザー410(液相・気相両用)
溶存水素計 (DH計)
マルチガスアナライザー510シリーズ(液相・気相両用)
一覧を見る
食品・飲料
トータルパッケージアナライザー6110
オンラインTOC 計 B7000(高稼働率,耐SS,塩分)
卓上・ポータブル光学式溶存酸素計3100
インライン用光学式溶存酸素計(DO計)M1100
シングルガスアナライザー410(液相・気相両用)
工場排水用 B3500シリーズ
溶存オゾン計 (DO3計)
熱伝導度検出方式(TCD式)溶存炭酸計 – マルチガスアナライザー510シリーズ
一覧を見る
製薬
ラボ用TOC計
LICO 液体分光測色計(色差計)
工場排水用 B3500シリーズ
一覧を見る
製紙・重工業
オンラインTOC 計 B7000(高稼働率,耐SS,塩分)
非接触型面速式流量計 Flo Dar 流量・流速センサー
一覧を見る
海洋・河川
非接触型面速式流量計 Flo Dar 流量・流速センサー
非公開: ポータブル多項目水質計SL1000
一覧を見る