製紙・重工業

製紙・重工業は多くの水を使用し、排水も多く出ます。製紙では、パルプによるSS成分の高い排水、重工業ではスラッジが高い排水が出ます。また、水資源の有効利用のために、様々な工夫がされています。Hachの水質計は製紙・重工業で様々な実績があります。また発電所でも標準採用される信頼性の高いボイラー水質測定メーカのHachならお客様の求めているソリューションを提供できます。

紙・パルプ製造/重工業プロセスを継続的に管理します。
パルプ・製紙業界は、紙1トンあたり64,000リットルの水を必要とする産業界最大の水消費量の1つです。木質繊維を除けば、水はパルプや製紙工場で最も重要な原料です。パルプや漂白からスラリーの希釈や布のシャワー、熱や機械的なプロセスのための蒸気や電力の生産、さらには原料の輸送や機器の洗浄などの一般的な作業に至るまで、生産プロセスのあらゆる段階で水なしではパルプや紙の製造は不可能です。

重工業の中例えば製鉄では、鉄1トン当たりに使用する水の量は間接冷却、直接冷却、洗浄用水を合わせて100トン以上といわれています。また、ボイラ、冷却系の配管の管理の不備はエネルギー効率の低下を招き、CO2排出量の増大につながります。重工業も貴重な水の管理なしでは継続的な利益をあげることは難しいことは明らかです。

 

Hachは、段ボール紙、段ボール、ティッシュ、クラフト、不織布などの製紙メーカーや、ベビー用紙おむつ、消毒用ワイプなどの製品を製造する不織布メーカーを含む製紙工場、鉄鋼、自動車、建設機械などのメーカーを含む重工業、に、総合的な水分析ソリューションを提供しています。紙製品の用途は多岐にわたっていますが、

パルプ・製紙業界全体では、水の使用に関して2つの主要な目標を共有しています。それは、プロセス水を可能な限り再利用して真水を節約することと、規制に準拠して地域資源を保護するために廃水を処理することです。この目標を達成するためには、信頼性の高いツールとデータを持つことが重要です。

重工業では、海水の利用など積極的に行い、真水の消費量を抑えており、水質の管理が重要です。

実験室での分析からプロセスソリューションまで、ハチの正確でメンテナンスが容易な装置、包括的なテストキット、高品質の調製試薬は、約1世紀にわたるイノベーションと、紙パルプ会社が信頼できる結果を得るための最もシンプルな方法を提供したいという願いに基づいています。

当社の製品、アプリケーションサポート、現地でのサービスは、お客様のパルプ・製紙工場が次のようなことができるようにお手伝いします。

  • 生産物が製品仕様に適合しているかどうかを確認し、品質を維持します。
  • 装置と生産の稼働時間を最大化
  • 法規制上の限界値の遵守
  • 製品ロスを最小限に抑え、製造物の(パルプ等)収量を最大化することで資源を最適化
  • プロセスの効率化とプラントの長寿命化により投資を保護

アプリケーションノート ∕ ケーススタディ

関連する製品

化学・有機溶媒
ポータブル型溶存酸素計(DO計)3650シリーズ(本質安全防爆仕様あり)
本質安全防爆仕様溶存酸素計(DO計)3660EX
オンラインTOC 計 B7000(高稼働率,耐SS,塩分)
一覧を見る
排水管理
非接触型面速式流量計 Flo Dar 流量・流速センサー
溶存オゾン計 (DO3計)
一覧を見る
発電所・発電ボイラ水質
マルチガスアナライザー510シリーズ(液相・気相両用)
熱伝導度検出方式(TCD式)水素計 – マルチガスアナライザー510シリーズ
ポリメトロンNA9600sc ナトリウム
ポリメトロンシリカ計モデル9610SC
一覧を見る
エレクトロニクス
シングルガスアナライザー410(液相・気相両用)
溶存水素計 (DH計)
マルチガスアナライザー510シリーズ(液相・気相両用)
一覧を見る
食品・飲料
トータルパッケージアナライザー6110
オンラインTOC 計 B7000(高稼働率,耐SS,塩分)
卓上・ポータブル光学式溶存酸素計3100
インライン用光学式溶存酸素計(DO計)M1100
シングルガスアナライザー410(液相・気相両用)
工場排水用 B3500シリーズ
溶存オゾン計 (DO3計)
熱伝導度検出方式(TCD式)溶存炭酸計 – マルチガスアナライザー510シリーズ
一覧を見る
製薬
ラボ用TOC計
LICO スペクトル色度計
工場排水用 B3500シリーズ
一覧を見る
製紙・重工業
オンラインTOC 計 B7000(高稼働率,耐SS,塩分)
非接触型面速式流量計 Flo Dar 流量・流速センサー
一覧を見る
海洋・河川
非接触型面速式流量計 Flo Dar 流量・流速センサー
非公開: ポータブル多項目水質計SL1000
一覧を見る