Hachジャーナル

【海外事例】ボイラシステムの安定的な運転とコスト削減に大きく貢献する オンラインTOC計「バイオテクター」

boiler

HachのオンラインTOC計「バイオテクター」の海外での活用方法の1つに、ボイラシステムでの凝集水のTOC測定があります。主に石油精製、石油化学、トウモロコシの湿式製粉工場で役立てられています。凝集水は、非常に高い温度を必要とするプロセスに不可欠です。ボイラから流出した蒸気は、一連の熱交換器を通過してプロセス液を加熱します。この工程においては、有機物による汚染が復水の戻り系に混入する可能性があるため、注意が必要です。

よくある課題

時折、復水システムにプロセス液が何等かの要因で入り込んでしまうことがあり、ほとんどの場合、熱交換器で起こっています。ここで汚染された復水がボイラに戻されると、効率が低下はおろか、そのまま運転し続けることにより、ボイラの故障につながるなど、様々な問題が発生する可能性があります。

    汚染された復水の処理には、以下のような非常に特殊なコストがかかります。

  • 破損が発生した際の、プロセス液の損失または汚染のコスト
  • 前処理済みボイラ水の損失コスト
  • 補給水の供給コスト
  • 補給水を加熱するためのボイラ燃料(石炭、バイオ燃料、ガス)のコスト
  • 補給水の化学処理コスト
  • 転換・汚染された復水の廃棄物処理コスト

 

破損が検出された場合、ボイラのオペレーターは通常、汚染された可能性のある復水を下水道に排出し、ボイラから遠ざけることになります。ボイラシステムに入ってきた補給水は、化学的に処理された後、必要とされる蒸気温度まで加熱する必要があります。これには、復水の温度を維持するよりもはるかに多くのエネルギーを要します。水と燃料の使用量の増加は、運転コストに最も大きな影響を与えます。

クリーンな復水は、脱ミネラル化、脱泡、脱イオン化された処理水です。使用する水は純水でなければなりません。つまり、システム内に浮遊物、有機物、または鉱物が存在してはならないのです。汚染された凝縮水がボイラを通過して蒸気に変換されると、固形物が残ってチューブに付着し、チューブを絶縁し始めます。このような状況を防ぐために、これまで、多くの現場のオペレーターは汚染の可能性を最小限に抑えたり、プロセスを減速させたりするために以下のような方法を実施しています。

  • ボイラへの汚染侵入を防ぐために、復水の大部分を排水に回す
  • 定期的にボイラをブローダウン(復水の大部分を空にする)し、ボイラ内に留まった固形物を除去する

 

これらはいずれも、汚染の問題に対処するためには、大変非効率な方法です。復水1ガロンにつき1ガロンの補給水を必要とする上、これを化学的に処理し、必要な蒸気温度まで加熱してボイラで使用できるようにする必要があるからです。

循環流動層ボイラ

循環流動層ボイラ

「バイオテクター」のソリューション

ハック・ウルトラのオンラインTOC計「バイオテクター」は、システムの通常運転を中断することなく、ボイラ保護プログラムに効果的に組み込むことが可能です。復水の品質を継続的に監視することで、運転コストだけでなく、想定外のメンテナンス作業を大幅に削減できます。復水の品質(通常100ppb~5ppm)を常時監視しておくことで、本来は良好な状態にある復水を排出する必要がなくなるのです。

また、最終的に自治体で処理する必要がある下水道への水の量を減らすことで、規制違反等のリスクを回避することもできます。そして最大のコスト削減効果は、プロセスで利用可能な温度まで水を加熱する必要がなくなることによるエネルギーや燃料のコストです。

「バイオテクター」は、制御システムに信号を送信して、異常を通知する機能を備えています。これにより、オペレーターは汚染した復水を迂回させ、ボイラの損傷を防ぐことができます。復水システムは、汚染が除去されことで通常運転をすることができます。

よくある設置例

「バイオテクター」は、シンプルに運用することが可能です。運用状況により以下のような設置例があります。

  • サンプルラインに、冷却ループを設置

装置に流入するサンプル温度が40度以下である必要があるため、サンプルが高温の場合には、測定の前段階に冷却ループを設置します。

  • システムの規模に応じて複数ポイントでの計測

規模によって、複数の測定ポイントが必要となる場合があります。
通常、給水タンクへの戻りライン、給水タンクからボイラへの戻りライン、熱交換器から戻るすべての収集ポイントに測定ポイントがあります。

オンラインTOC計バイオテクターの設置ポイント

オンラインTOC計バイオテクターの設置ポイント

酸素濃縮器付きTOC計バイオテクター

酸素濃縮器付きTOC計バイオテクター

「バイオテクター」による、ボイラの凝集水管理で大幅なコスト削減

米国シカゴ郊外のCorn Products社(現Ingredion社)では、新しく設置するTOC計により、ボイラ凝集水を確実に監視するべく、現状で抱えていた課題を検討していました。既存の技術は、凝縮水のTOCレベルを過剰に報告する傾向があり信頼性が低く、本来良好な状態にある凝縮水を排水してしまう原因となっていました。

そこでHachのTOC計「バイオテクター」をテスト導入してみたところ、すぐに凝集水の回収レベルが、損益分岐点を大きく上回る結果が出ました。このことから、工場内オンラインTOCシステムのうち、8台をアップグレードすることになりました。
以下は、Corn Products社状況の内訳と、TOC計バイオテクターの導入コストに対して、どの程度のコスト削減ができたかを示したものです。

バイオテクターによるボイラの凝集水管理で大幅なコスト削減を実現

米国シカゴ郊外のCorn Products社(現Ingredion社)では、新しく設置するTOC計により、ボイラ凝集水を確実に監視するべく、現状で抱えていた課題を検討していました。既存の技術は、凝縮水のTOCレベルを過剰に報告する傾向があり信頼性が低く、本来良好な状態にある凝縮水を排水してしまう原因となっていました。そこでHachのTOC計「バイオテクター」をテスト導入してみたところ、すぐに凝集水の回収レベルが、損益分岐点を大きく上回る結果が出ました。このことから、工場内オンラインTOCシステムのうち、8台をアップグレードすることになりました。

以下は、Corn Products社状況の内訳と、TOC計バイオテクターの導入コストに対して、どの程度のコスト削減ができたかを示したものです。

  • 110万ポンド/時、100メガワットの流動床式ボイラで、価格は9700万ドル(サポートシステムを含めた設置費用。米国での販売価格)。年間2,600万ドル相当のイリノイ州産の高SO₂石炭を燃焼
  • 既設の装置が何らかの理由(再校正、サービス、故障)でダウンした場合、Corn Products社はボイラにダメージを与えるリスクを冒すより、凝縮水を排水することを選択していた
  • 絶え間ないダウンタイムと不正確な測定により、凝集水の平均再回収率は45%であったが、バイオテクターの設置により95%となった

 

  • 下水道費用** 1,000gal(8335lbs)あたり1.65ドル
  • 217ドル – 1.1Mlbコンデンセート/時間
  • 水のコスト** 1000gal(8335lbs)あたり3.20ドル
  • 422ドル – 1.1Mlbコンデンセート/時間
  • キャピトル改善料金: 1000gal(8335lbs)あたり1.55ドル
  • 204ドル – 1.1Mlbコンデンセート/時間
  • 燃料費*(石炭): 8335lbsあたり13.54ドルbs
  • (1時間あたりの凝集水回収率45%=605000lbsの損失。)

これは、ドレンに送られる再利用可能な凝縮水の約1400ドル/時間に相当します。

** 下水道はデュページ郡とクック郡のデータに基づきます。
**燃料費はイリノイ州のスポット価格(ショートトン)に基づきます。

関連製品を見る

化学・有機溶媒
ポータブル型溶存酸素計(DO計)3650シリーズ(本質安全防爆仕様あり)
本質安全防爆仕様溶存酸素計(DO計)3660EX
オンラインTOC 計 Biotector(バイオテクター)B7000/B7000i
一覧を見る
排水管理
非接触型面速式流量計 Flo Dar 流量・流速センサー
溶存オゾン計 (DO3計)
一覧を見る
発電所・発電ボイラ水質
マルチガスアナライザー510シリーズ(液相・気相両用)
熱伝導度検出方式(TCD式)水素計 – マルチガスアナライザー510シリーズ
ポリメトロンNA9600sc ナトリウム
ポリメトロンシリカ計モデル9610SC
一覧を見る
エレクトロニクス
シングルガスアナライザー410(液相・気相両用)
溶存水素計 (DH計)
マルチガスアナライザー510シリーズ(液相・気相両用)
一覧を見る
食品・飲料
トータルパッケージアナライザー6110
オンラインTOC 計 Biotector(バイオテクター)B7000/B7000i
卓上・ポータブル光学式溶存酸素計3100
インライン用光学式溶存酸素計(DO計)M1100
シングルガスアナライザー410(液相・気相両用)
工場排水用TOC計 Biotector(バイオテクター)B3500シリーズ
溶存オゾン計 (DO3計)
熱伝導度検出方式(TCD式)溶存炭酸計 – マルチガスアナライザー510シリーズ
一覧を見る
製薬
非公開: 【OLD】ラボ用TOC計
LICO 液体分光測色計(色差計)
工場排水用TOC計 Biotector(バイオテクター)B3500シリーズ
一覧を見る
製紙・重工業
オンラインTOC 計 Biotector(バイオテクター)B7000/B7000i
非接触型面速式流量計 Flo Dar 流量・流速センサー
一覧を見る
海洋・河川
非接触型面速式流量計 Flo Dar 流量・流速センサー
非公開: ポータブル多項目水質計SL1000
一覧を見る